2018年3月10日土曜日

いのち(生命)の誕生!

手仕事専科のwebciteをスタートして、8年が過ぎようとしています。
この間、沢山の方々のお世話になりました。
思いが余って、行き過ぎてしまい、随分とご迷惑をお掛けしたようにも思います。
未熟者の自分に呆れることなくご協力くださったお客様や工房の方々、そしてスタッフの者には、感謝の気持ちで一杯です。
 
今回は、テーマの趣が異なります。
一番近いジャンルが、歴史街道でした。
最近、私夫婦に初孫が、生まれました。
娘は、結婚が遅く、また、子どもにもすぐには恵まれませんでしたので、孫を腕に抱くことは、諦めていましたが、吉報です。
娘の誕生日と同じ日に男子誕生です。
妊娠を告げられ、臨月になり、高齢出産でしたので、無事に生まれるか随分と心配もしました。
そして、病院に連れて行き、その日の夕方に産まれました。
母子ともに健康であることだけを願って。
無事に生まれ安堵しました。

私の手仕事専科では、和美との生活を提唱しています。
その活動とともにどうしても避けては通れないことがあります。
「日本人としての誇」です。
戦後72年をすぎ、第二次世界大戦のことを日本人は、避けて生きてきました。
世界の歴史をみたときに光と闇とをはっきりと見ることが出来ます。
今回、一つの命を授かり、命の大きさを感じました。
広島、長崎の原爆投下と東京大空襲では、兵隊ではない女子供や老人達が一瞬にして命を奪われました。
第二次世界大戦では、360万人もの日本人が亡くなりました。
愚かな悲しい軌跡です。
そして、その歴史の所以は、日本の明治以降の近代化の歴史です。
「ひと一人の命を奪うのは、殺人だが、戦争の何十万という殺戮は、犯罪ではない。」といいます。
私達に子どもができ、愛すべき孫が生まれ、ひと一人の命の大切さを再度思い出しました。
ホロコーストは、非難されるべきですが、今のユダヤ人国家・イスラエルは、おなじことをしています。
パレスチナに対するこのユダヤ国家の犯罪は、許されるべきではありません。
どうように日本の大戦前後に光を当て、「日本人の誇」を守りたいと思います。

世界史には、正義はありません。
力の強いものが正義です。
私は、正義以前に「人として守るべきものとは、何か。」を問いたいと思います。

 「下野・会津・津軽の歴史街道」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■手仕事専科のブログ ■和美との生活・和美空間 ■伝統食品のブログ


 

2018年3月6日火曜日

坂下初市-奇祭大俵引き

先日、奥会津の間方地区の菅家藤一(工房間方の代表者)さんを訪ねる時に坂下町で大きな俵が祀られているのを見かけました。
神社のお祭りがあるのだろうと思い調べましたら、「大俵引き」の祭りがあることが分かりました。
最後にご説明をします。
手仕事専科 http://tesigotosenka.com
工房間方   http://www.geocities.jp/hwfhb259/kobomakata.html
会津坂下町の街道沿いに
鎮座している大俵です。
長さ4m、高さ2.5m、重さ5t
上町(東方)が勝つとその年のコメの値段が
あがり、下町(西方)が勝つと豊作になると
言われています。
どちらが勝っても良いようです。
289号線沿いの神社
間方地区にある祠です。
雪に埋もれていました。

[風習]や[伝承]いう言葉がありますが、民俗学では、格好のテーマです。
私の恩師である尾島利雄先生は、民俗学の大家です。
(尾島先生は、私の青森や福島の赴任地にいく度も訪ねてこられ、手仕事専科の立ち上げの際には、御夫妻でとても喜んでくれました。)
伝統工芸や民俗学には付き物の神楽踊り、太鼓や三番叟などの地域に伝わるお祭りの保存・継承に務められていました。
天皇陛下のご行幸で、栃木県の伝統的手仕事のご進講には、必ず尾島先生が、当たりました。
私は、未熟者で、これらの事柄については、専門的な知識を持ちません。
しかし、尾島先生「清く貧しく美しく生きた人々」という言葉に触れるたびに、当時の庶民の生きざまを感じていました。
神道は、日本の自然宗教的なものと思っていますが、地域に連綿と残る神社や祠を見るとその地域の人々の生き様や歴史を感じます。

戦後72年といいますが、今の日本を見ると豊かになったけれども、かつての日本人のもつ魂を感じられません。
かつての日本人の生き様は、歴史の中に見ることが出来ます。
豊かな四季の恵みから自然の美しさを愛で、詫び寂びの世界を観ています。島国であることから、素晴らしい海と山の幸の食文化を持ち、大陸に隣接することから、その文化を取り入れながら、島国の中で独自に醸成してきました。
江戸時代は、殺戮もなく世界に誇れる文化と治世だったといいます。
明治を迎え、帝国主義という世界と直面し、大きく生きざまを変えてきました。
列強の四海の中で、植民地にならずに戦ってきましたが、列強相手の第二次世界大戦で甚大な結果を蒙りました。
360万人もの国民が亡くなり、豊かな国土は、荒果て荒野に帰しました。
戦後の私たちは、その歴史を帰り見ないで生きてきました。
第二次世界大戦に至る歴史の本質を直視することなく耳を覆い欺瞞の上に為しえた経済発展に思えてなりません。
「360万人もの人々の死を無駄死ににしてはならない。」
直視することなしには、戦後は、終わらないと思います。

************************
坂下初市 奇祭 大俵引き
1月7日の柳津町七日堂裸参り、1月10日(毎年第二土曜)の会津美里町高田大俵引きと並んで「会津三大奇祭」に数えられる会津坂下町初市大俵引きは、毎年1月14日に行われています。

坂下(ばんげ)が越後街道の駅所として整備された寛永年間から400年続いている初市の日にあわせて大俵引きも行われてきました。
昔も今も米どころの坂下の農民が2組に分かれて米俵を引き合い、その年の米の価格を占ったのが始まりだそうです。
新編会津風土記にも、坂下の初市と俵引きについての記述があり、「その壮観これに過るものなし」と記されています。

 「下野・会津・津軽の歴史街道」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■手仕事専科のブログ ■和美との生活・和美空間 ■伝統食品のブログ

2017年9月2日土曜日

那須温泉神社(ゆぜんじんじゃ)の御神木

数日前に那須温泉神社に詣でました。
手仕事専科の打合せがありました。
那須温泉神社の縁起によりますと由緒ある神社になります。(※下段に記載)
那須温泉は、私が29歳から勤めた那須ビューホテルの地です。
小松屋石雲荘が、旧屋号ですが、時の風雲児ともいえる箭内原典が、一代にして起こした日本ビューホテルグループの旗艦ホテルです。
私たちは、日本ビューホテルのプライドを持って、ホテルマン時代を過ごしました。
当然ですが、那須温泉は、隅の隅まで知り尽くしていましたし、那須温泉神社とは、長い付き合いでした。
御婚礼の神前式の御婚礼は、神主の人見昇三さんにお世話になりました。
久々に神前にこうべを垂れてまいりましたが、鳥居や石塔や樹木を見ると時の立つのを感じます。
御神木のミズナラが、大きな樹膚を波うって聳えていました。
御神木は、樹齢推定800年になります。
人の命の儚さに私たちホテルマン(兵ども)の夢のあとと重なりました。
御神木「生きる」
このミズナラは、悠久の時を経て、
直・樹勢 旺盛にして力強く
「生きる」と命名されております。
活力、蘇生力、生命力等のパワーが
授けられる巨木として崇められています。
和名 ミズナラ(ブナ科落葉樹)
樹齢 推定800年
樹高 18m  
胸高周囲 4m
那須温泉神社の大鳥居
大和 さざれ石
この石が、国歌のさざれ石です。

君が代は、千代に八千代に
さざれ石の
巌となりて
苔のむすまで。
 
愛宕神社水
本堂への道から離れて、
愛宕神社の階段がありました。
こちらの林にもミズナラの大木がありました。
御神木のミズナラが、推定800年といいますが、
同じくらいの年数が見て取れます。
ガマズミの実が成っていました。
本殿です。
----------------------------------------------------------------------
●ご由緒について
上代より温泉名を冠せし神社は、延喜式神名帳(西暦900年代)に十社を数え、当温泉神社の霊験は国内に名高く,奈良朝時代の貴族の温泉浴のことは正倉院文書によりても明らかである。従って神位次第に高まり,貞観11年(869年)に従四位上を授けられた。後世那須余一(与一)宗隆西海に扇の的を射るに当たり,当温泉神社を祈願し名声を轟かして、那須郡の総領となるや領民こぞって温泉神社を勧請し奉り、貞享3年(1686)6月19日正一位に叙せられた。
現在那須郡内に約八十社の温泉神社を数うるのをみればいかにこの地方の信仰を集めていたかが推察される。
●那須与一について
那須余一(与一)は那須地方の豪族である那須太郎資隆の十一男として生れました。十一番、十あまり一で余一と命名されました。(後に与一に改名)
源義経の東国参陣の時これに従い、以後義経の騎下となって源平戦を戦いました。
有名な屋島の戦いで扇の的を射て名声を上げ20万石を頼朝公から賜わりました。
温泉神社と余一との深いつながりを表すものとして「平家物語」にはこのように記載されています。

『南無八幡大菩薩、別しては吾が国の神明、日光権現宇都宮、那須温泉大明神、願わくはあの扇の真中射させてたばえ給え・・・』と、
凱旋の後その神恩の深いことを謝して、大社殿を寄進してその誠を表わしました。その他鏑矢、蟇目矢、征矢、桧扇を奉納しました。三番目の鳥居も余一が奉納したものです。
余一は不幸にして24歳の短命で世を去りましたが、那須氏は代々厚く温泉神社を崇敬して慶長年間に至りました。
●創建
第三十四代舒明天皇の御代、湯本より南方約八キロメートルの茗荷沢村の住人、狩ノ三郎行広は、小牛ほどの白鹿を追い求め矢傷を負わせてなおも追い続けて雪不尽山(那須岳)の麓、霧生谷(元湯付近)に至った。
濃霧に包まれ白鹿を見失い呆然として佇んでいるとき、岩上に白髪の老翁あらわれ、
「吾は温泉の神なり、汝の求める鹿はかの谷間の温泉に浴しておれり,その温泉は万病をなおして甚だ効あり。鹿の浴するも手負いを癒さんがためなり、汝よろしく之を聞きて万民の病苦を救うべし」
と言い終わりて消え去る。三郎白鹿を射止め、温泉を発見して神社を建立し歳時の祭礼怠りなく崇敬の誠をつくしたと言う。これが本神社の創建である。
●ご祭神について
御祭神 大己貴命(おおなむちのみこと)
      少彦名命(すくなひこなのみこと)
       誉田別命(ほんだわけのみこと)    

 商売繁昌、家内安全、病気平癒、身体健全、縁結び 御利益があります。
また、那須与一も祈願したところから必勝祈願の御利益があります
 「下野・会津・津軽の歴史街道」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■手仕事専科のブログ ■和美との生活・和美空間 ■伝統食品のブログ

2017年8月17日木曜日

お地蔵さん

先日、手仕事専科の工房で、奥三島間方の工房間方の菅家藤一さんを訪ねましたが、その戻りの足で、昭和村を訪ねました。
昭和村は、道の駅のからむし工芸館をいく度かたずねているのですが、冬は、雪が深く、集落を結ぶ細い道路は、雪で行き止まりになります。除雪がされてなく、引き返すこともありました。
昭和村は、からむし(苧麻/ちょま)の里です。
幾重にも折り重なったような山道を1時間ほど走ると昭和村にでました。
途中、冷たい清水が湧きでており、頂上の見晴らしの良い峠をすぎ村落に入るとお地蔵さんが、赤いきれいな前掛けをつけて鎮座していました。
道端には、たくさんの野花が咲いており、長閑な山村の田園風景です。
 「下野・会津・津軽の歴史街道」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■手仕事専科のブログ ■和美との生活・和美空間 ■伝統食品のブログ

2015年11月6日金曜日

古峯神社の石碑

仕事専科のお取引工房は、会津には、たくさんあります。
会津木綿会津漆器会津本郷焼イゲタ醤油起上り小法師赤べこ、・・・・。
いつも289号線を下がり、下郷から、塔のへつりへ抜ける山道沿いに石塔が、鎮座していました。
よくみると古峯神社と彫り抜いてあります。在の講中・崇拝者の方々が、建立されたものと思います。
会津若松市内につづく大戸地区には、しっかりとした石塔があり、天狗の面が掛けてありました。
天狗は、古峯神社の御祭神の使者といいます。
----------------------------------------------------------------------
古峯神社(ふるみねじんじゃ)は、大芦川の源流に近い渓間、優美を醸す山麓に鎮まる。
御祭神に日本武尊をいただく開運・火防・海上安全・交通安全等の御神徳高い神社です。
日光山開山の祖、勝道上人がここで修行をつまれたことから「日光発祥の地」とも呼ばれております。
御祭神の使者である天狗は崇敬者にふりかかる災厄を除災するという信仰を集めており、講中・崇敬者は遠く全国より日帰り参拝、参籠宿泊参拝の方々で連日社頭は賑わいを見せます。
 「下野・会津・津軽の歴史街道」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■手仕事専科のブログ ■和美との生活・和美空間 ■伝統食品のブログ

2015年7月6日月曜日

甘露山妙雲寺をたずねて

塩原温泉には、有名が禅寺があります。
いつも利用している「水車(みずぐるま)」さんのすぐ隣のおてらですが、牡丹祭りが、有名です。
すぐそばの水車までは、いくども訪ねていたのですが、妙雲寺をたずねるのは、初めてでした。
ダンスのサークルメンバーとで境内を散策いたしました。
静寂な境内は、ちょうど雨曇りのしっとりとした雰囲気で、心洗われる気持ちで散策いたしました。

縁起によると-------------
下野国甘露山妙雲寺縁起解説         
この寺は小松内府重盛公の姨妙雲尼公の開基です。釈迦如来立像は栴檀香木の毘首羯摩の彫刻によるところで、小松内府の仰ぎ奉った霊像であり、朝廷の三釈尊と同じ作品で随一なりと言われています。源平合戦のはじめの寿永(一一八二)頃、平家が一ノ谷の戦いに敗北して一族ことごとく流離しました。時に源頼朝は海内に脅しを振るい権限を欲しいままにし、日本国内の幾千里、身を隠す地も無く、平氏をさがし赤子にまで罰をあたえました。しかし平氏の家臣筑後守貞能は、元より宇都宮朝綱と身内の関係があったゆえに妙雲尼公を誘って、まさに宇都宮に赴かんとしていました。平重盛の遺愛していた釈迦如来立像を置き去りにする事に忍びず、これを笈の中に入れ自ら背負って宇都宮にきました。逃れてきた事を宇都宮朝綱に相談しました。朝綱は鎌倉の源頼朝の許しを求めたが、頼朝は平貞能を恐れていました。それで宇都宮城内に留めることは成らず、はるか我が領内の藤原山中に送り住まわせました。

 その後、影をひそめて二年余り、ここに平貞能自ら「山浅くして人里の居る塩原に移すことが望ましい」と言いだし藤原山中を離れました。大きな樹木の危険な所をよじ登り、断崖を行ったり来たり登ったり、あるいは蔦かずらの茎を払いながらそばたつ壁を道として、ようやく塩原の山陰の小滝仏沢にたどり着きました。藪や草を刈り茅葺きの庵を造り釈迦如来立像を安置し、その地で、常に日本の国が良くなることを願って、平家天界の供養を施していました。大自然の中で樵をして良い薪をつくり、醴泉甘冷にして身を清め、川原の岩の割れ目から霊湯(名湯)が湧き出ている温泉に入り体を癒しました。傍ら台地(月夜川)のワラビを採り葛を堀り住んでいました。

 遠く湯源の仙境(門前)に憧れその土地に飛来しました。いささか住み慣れ、信仰の心を朝の花の紅に染め、教えの心を夜灯の輝きに照らし事も無く、幾多の年月が過ぎ妙雲尼が死去しました。その法名を以て寺に扁して妙雲寺と称号しました。その後、正和年間(一三一二から一七)、大同妙喆と云う人がいました。旧奥州最上の人で、法を佛国国師から嗣ぎ、まことに学識を納め五山の俊才でした。たまたま、日光山(高原山)中に悪龍がいました、わずかに湖水(塩原村)に触れたちまち雷を起こし、疾風を起こし高木を抜き怪石をもぎ取り、村人を常に困らせたと聞かされました。大同妙喆和尚自らこの山頂(甘露山)に登り、その湖面(妙雲寺)を見れば、釈迦如来霊像を拝し霊庵の余りにも寂寞を見て、去るのに忍びず村人に説法を施し、一喝を与えました。これにより悪龍が己から降伏して住民に災いが無くなりました。遂に錫を留められ十方の信仰により、七堂伽藍を建て尼寺を改めて甘露山妙雲寺と称しました。この所にようやくその面目を一新して法灯を樹立しました。

 宇都宮領主貞綱の庇護により潤ってきたところ、戦国動乱の時代に入り浄財も布施も無く、細々と住持や村人の篤い信仰により、甘露山妙雲寺の法灯は、三百有余年守られてきました。しかし文禄年中(一五九二から九六)世の中の乱れの災難に遭い、七堂伽藍は瓦礫の場となり、すべての甘露山妙雲寺の古文書や縁起書類は焼失し、只々、本尊釈迦如来立像のみが難を逃れました。凡そ甘露山妙雲寺創建より寛文六年(一六六六)に至るまで、計るに四百八十年間、古老の口伝によつて大略を記しました。以上の通り、宇都宮城主奥平忠昌様に広く理解をいただき、そのあれた甘露山妙雲寺の欠けたところを補修して頂きました。寛文六年二月、甘露山妙雲寺住持紀泰首座の求めによつて、神護山興禅寺に於いて関林和尚が書き表しました。
-----------------------------------------
「下野・会津・津軽の歴史街道」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■手仕事専科のブログ ■和美との生活・和美空間 ■伝統食品のブログ
 

2014年12月25日木曜日

雲厳寺の境内

雲巌寺(うんがんじ)は、栃木県大田原市雲岩寺にある臨済宗妙心寺派の寺院。
山号は東山。本尊は釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)。
開山は高峰顕日(仏国国師)、開基(創立者)は叟元和尚(寺伝)。
雲巌寺は大治年間(1126年~1131年)に叟元和尚によって開基され、1283年(弘安6年)に時の執権・北条時宗を大檀那とし、高梨勝願法印の寄進のもと仏国国師によって開山されたといわれる。その後1578年(天正6年)に無住妙徳禅師が住職となった折に宗派を臨済宗妙心寺派とした。
建築物は1590年(天正18年)の豊臣秀吉の小田原征伐の戦火で焼失するも数年後には再建され、またその後1847年(弘化4年)に火災に遭うも1849年(嘉永2年)に再建されている。
1912年(大正元年)、築300年を超えた仏堂の改築工事が始まり、1922年(大正11年)に竣工した。
雲巌寺はまた、松尾芭蕉が奥の細道紀行で立ち寄った寺院としても知られ、寺域には当時の住職であった仏頂禅師と芭蕉の歌碑がある。
歌碑には
竪横の五尺にたらぬ草の庵むすぶもくやし雨なかりせば (仏頂和尚)
木啄も庵はやぶらず夏木立 (芭蕉)
の句が刻まれている。
なお、この歌碑は、1803年(享和3年)に建てられたものを、1879年(明治12年)に再建したものと謂われる。
聖福寺(福岡県福岡市博多区)、永平寺(福井県吉田郡永平寺町)、興国寺(和歌山県日高郡由良町)とともに禅宗の四大道場とされる。
----------------------------------------------------------
今日は、友人を伴い旧黒羽町にある臨済宗の雲厳寺を訪ねました。
その佇まいは、大関家の菩提寺「大雄寺」とは、異なりより厳しい空気を漂わせています。
芭蕉の句碑「木啄も庵は、やぶらず夏木立」が、ある所でも知られています。
大きな庭石が、力強くはいちされて、さぞかし名のある庭師の創られたものと思います。
随分と昔からですが、バス停に「おれが危ない」の看板があります。
それを見ると「自分のこと」と思ってしまいます。
手仕事専科では、雲厳寺との直接のかかわりは、ありませんが、その日本の文化を訪ねる際には、避けては通れない仏教の門のように感じます。
仏堂:1912年(大正元年)、
築300年を超えた仏堂の改築工事が始まり、
1922年(大正11年)に竣工した。
「下野・会津・津軽の歴史街道」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■手仕事専科のブログ ■和美との生活・和美空間 ■伝統食品のブログ